美味しいグルメを食べに行く

ハワイのB級グルメステーキ・プレート・ランチ

B級グルメの定義にはいろいろあると思います。なかでも、手軽に買えて手軽に食べられるというのは大きなポイントでしょう。焼きそばやラーメン、焼き鳥みたいに、露店で売られていて、買ったらすぐに食べられるというのも、B級グルメの大きな魅力ですね。ハワイのホノルルに行ったとき、とあるスーパーマーケットに立ち寄りました。車を降りると、そこには肉を焼く何とも言えずおいしそうな匂いが立ち込めているではありませんか。聞くとそのスーパーマーケットでは、ランチ・プレートと言って、いわゆるお弁当が売られているそう。中でも、週に一度だけステーキ・プレートが出されるらしい。ラッキーなことに、その日がたまたまステーキ・プレートの日だったというわけです。

ステーキは駐車場に張り出されたテントでグリルされます。焼き網の上には20枚ほどのステーキが載せられています。1枚の大きさは、男の人の両手を広げたくらい。厚さも5はありそう。1枚1枚にたっぷりと塩コショウが振られています。スーパーのお兄さんがトングを片手に肉を裏返すと、まるでトラのような、こんがりとした焼き目ができています。焼きあがった肉は6〜8mmほどの厚さに切られ、持ち帰り用のプレートにどっさりと盛られます。ミディアム・レアに焼かれたステーキの断面は、食感がいかにもやわらかそうな桜色をしています。焼き加減がちょうどよく、脂の少ない赤身肉のうま味を堪能できます。プレートにはステーキの他に、添え物の野菜と玄米とポテトが付いていました。あれだけのボリュームとおいしさなのに、日本円で1000円しないのだから驚きです。スーパーで買ったビールとともに、ホテルの部屋で楽しみました。

Copyright 2017 美味しいグルメを食べに行く All Rights Reserved.