美味しいグルメを食べに行く

グルメな人の内臓機能の予防方法

民間薬というものは、飛鳥時代や奈良時代に中国から漢方としてわたってきましたが、それらの知識が古来の民間薬の効果が進化しながら、新しい民間薬が生まれてきました。食べ過ぎたり飲みすぎたりすると、体の中でも内臓機能が衰えてきてしまい、グルメなものが大好きで、外食が多くなっている人でも胃の機能が、疲労してしまいます。そんな時には自然が育てた効果のある、野菜や果物などを使うといいです。スイカには利尿作用が高く、腎炎や膀胱炎、浮腫を伴いやすい心臓病や脚気などに有効で、スイカの絞り汁を弱火で煮詰めると、スイカ糖という家庭常備薬になります。

普段から家庭の野菜として、よく食べるじゃがいもなどは、潰瘍性の胃腸疾患やその症状を和らげていき、回復を早める働きがあると言われていて、ビタミンcもレモンなみにあります。大根なども家庭常備薬として活躍するのは、大根汁が痰が切れない時には、水あめと合わせて使ってみるといいですし、とにかく健康とは食品の効果を知ることになります。

Copyright 2017 美味しいグルメを食べに行く All Rights Reserved.