美味しいグルメを食べに行く

玄米やハト麦の情報が載っているグルメ雑誌

グルメ雑誌でも取り上げられているもので、健康を考えた玄米がありますが、お米とは本来は、健康を保つにふさわしい完全食だったのです。今は日常生活では家庭で使われているのは、胚乳のみの白米で、原型の三分の一になった物を食べているのです。せめて胚芽つきの胚芽精米を食べるように、食生活を改善すると、健康にもいいので、成人病の予防や肥満の予防に役立ちます。減量をしたい場合には、玄米ご飯を粥などにして食べる習慣を持つといいです。

ハト麦なども古くは、食用や薬用として使われてきました。体力増強や自律神経失調症には、殻つきのまま煎じてお茶代わりにするといいのと、砕いたものを粥にして、食べるようにすると、肺疾患にも効果があります。このような家庭でも出来る民間療法を常に意識していると、忙しい現代社会を暮らしていくにも、病気知らずな生活が出来るようになっていきます。グルメ雑誌でも、体に良い食べ物として特集をやっているので、情報を得て暮らしの中に取り入れるといいです。

Copyright 2017 美味しいグルメを食べに行く All Rights Reserved.